オンラインショップ

福岡市中央区/南区 犬の幼稚園・保育園 【デイケア】

MOTHER'S DOGS

 

 デイケア担当  山上 佳子
『妄想してみました(≧▽≦)』

私はヨークシャーテリアの男の子と暮らしています。私が高校2年生の時に縁があり我が家に来ました。名前は穏やかな犬生を過ごしてほしいという想いを込めて『カルム』(フランス語で穏やかという意味)と付けました。でも性格は穏やかとは程遠い小心者で気が強いやんちゃな子です(≧▽≦)。このカルムと暮らし始めた当時のお話をさせて頂きますね。

高校生だった私は学校とアルバイトで忙しく、また私の両親も共働きで朝から夜まで働いていて、カルムは日中ひとりぼっちでした。カルムと向き合う時間はほんの僅か…、お散歩もほぼ同じコースでした。まだやんちゃなカルムはすごく物足りない日々を送っていたと思います。 あの時のカルムは小さな体全部を使って「もっとかまってよ!」「僕を見てよ!」「どこか行こうよ!」「遊ぼう!」「オモチャ投げてよ!」って言っていたように思えます。

もしも… 私があの時のカルムだったらと妄想してみました。

朝からみんな仕事や学校に行く準備でバタバタしているのを見ています。構ってもらえないままみんな出掛けて行きました。そしてひとりぼっち。それからみんなが帰ってくるまでの間、約8~10時間何もすることがない、それどころか小心者の私は些細な音や振動でビクビク、ひとりでいることの恐怖、一時間の長さが果てしなく感じます。そして待ちに待ったみんなが帰って来た、だけどまたバタバタしている。ご飯の用意や洗濯お風呂を沸かしたり…。お、やっと僕のご飯の時間だ!、だけど出てきたご飯は毎日味が変わらない固形の乾パンみたいな食べ物、美味しくない。そして散歩の時間だ、だけどいつもと同じコースで新しい刺激はない。。

カルムの目線を自分の目線として妄想すると、気が狂ってしまうほど味気の無い、無味無臭の生活でした。

カルムは動物なので愚痴を言いません。ただひたすらに現状の中で生きようとします。だからこそ自分がこの子の事を解ってやらないといけなかった。私は最低の飼い主でした。

今は共に過ごす時間を大切にしています。この子の目線に立って…


犬たちはピュアな心で飼主に話しかけています。無駄吠え、咬む行為、いたずら、これらは私たちの目線で考えたら問題行動と言われていますが、犬たちの意味のある言葉として考えたら何か見えてくるかもしれません。もちろん度が過ぎたら私も怒りますけど(^_-)-☆ これらの行動は心も体も充実していれば軽減します。

どうしても私たちは凝り固まった価値観で犬を見ています。犬たちが体全部を使って訴えてくるアピールを受け取るのは飼主の務めです、じゃないと一方通行の自己満足の関係となってしまいます。私が犯した犬との付き合い方をすべての愛犬家にやってほしくない、たくさんの人に愛する犬たちと、ほんとうの家族としてもしくは伴侶としての関係を築いていってほしい。そのお手伝いをしていくのが私の幸せです(*´▽`*)

私とカルムです(*´▽`*)

 



  Day care  price   

デイケア料金

8:00~18:00までの間なら何時間でも料金は¥2500です。

Mother's Dogs
shop information 

実店舗情報 / day care

DAYKARE BLOG

デイケアブログ
犬の保育園

みんな元気いっぱい

ほぼ毎日更新!たくさんの犬たちが
元気いっぱい走り回ってます。
最初は犬見しりな仔も少しづつ
目がキラキラしてくる~

©2000-2016 by Mother's dogs, Ltd.-All Rights Rights Reserved-  Thanks FOAS
氏名 前田忠広  動物取扱業登録番号  [保管]E2302077  [登録日]H19年3月7日  [登録期限]H29年3月6日  [動物取扱責任者]佐田泉